和菓子の歴史について

和菓子は、日本では伝統のあるお菓子として注目されており、お茶に合う事から多くの人が嗜んでいます。その歴史は深く、遡る事へ遺産時代まで遡ることが出来ます。平安時代には、唐黍が取れていたためにそれを利用した砂糖菓子が作られていました。今では、落雁として楽しまれている物であり、当時の人にとっては非常に高価な物であり身分が高い人しか食べることが出来ませんでした。しかし、今では誰でも食べることが出来るものであり、歴史も変わりましたよね。

和菓子を楽しむ事が出来る場所

和菓子は、全国各地で楽しむ事が出来ますが特に発祥が京都と言う事もあり、本場での和菓子は一味違います。多くの人が食している和菓子ですが、京都には専門店が出来るほど人気があり、本店も京都にある事が多いです。また、京都では和菓子と一緒に抹茶を楽しむ事も出来るために、和菓子と抹茶の組み合わせは日本ならではの楽しみです。最近では日本人のみならず、外国人観光者が和菓子を求めて観光しに来る等しており、人気である理由がうかがえます。

自分で作ることが出来る和菓子とは

和菓子は、本来店頭で販売している物を食べますが自宅でも簡単に作ることが出来る様に、キットが販売されています。専用のキットは、主に通販で販売されているために購入すると便利です。普段では手間がかかる和菓子であっても、キットを使用する事によって非常に簡単に、そして楽に作ることが出来るために、家庭を持っている家族にとっては子供と和菓子作りを楽しむ事が出来る事から、深刻な和菓子離れが問題とされているために子供と一緒に作るのも良いです。

ずんだ餅は、茹でた枝豆を砂糖と塩で味付けをし、餡に用いるお菓子です。南東北で親しまれている郷土料理であり、仙台藩ではお盆特有のものとされていましたが、今では枝豆は健康にいいのでお盆だけでなく、一年中この地域の人に愛されています。現在は、お取り寄せグルメとしてインターネットなどで全国から注目が集まっています。