なぜ機械式時計はなくならないの?

デジタル技術も進み、正しい時間を刻む性能や、先々まで対応したカレンダー等の機能面、さらには、お値段の面でも、クオーツ式の時計の方が優れている点が多いです。骨董的な価値は分かりますが、今でも新しい機種が販売されていますので、他にも魅力があるということです。機械式時計ならではの魅力とはなんなのでしょう?一つは、手入れを続ければ長く利用できる点にがあげられます。もう一つは、ファッションに合わせてたくさん時計を持つ人にとってのメリットがあるのです。なので、おしゃれで時計好きな方がいる限り、機械式時計は無くならないと言えるかもしれません。

長く使える機械式時計

機械式時計は、ゼンマイを動力源として、歯車の組み合わせで時を刻む時計です。非常に精工なつくりではありますが、すべての部品がメカ部品であるため、電気的に壊れてしまうことはなく、動きが悪くなれば、掃除をしたり、ゼンマイや部品を交換することで長く利用できます。クオーツ時計も大切に使えば長く使えますが、回路部分が壊れてしまい、部品が無くなるとそれ以上は使い続けられません。一方、機械式時計は、部品をカスタムする業者もあり、親子孫3代にわたって使い続けることもできるほど長く使うことができます。時間とともに、出てくる味わいも含めて機械式時計の魅力を高めてくれます。

電池交換がいらない機械式時計

機械式時計を複数持ち、ファッションに合わせて着せ替えをするユーザーは、機械式時計の魅力に「電池交換がいらない」ことを上げます。最近では、クオーツ時計も太陽電池を備え、電池交換がいらないように思われる方も多いですが、太陽電池の発電電力をためておく二次電池には電池寿命がありますので、5年に一度程度は電池交換が必要になります。電池交換がいらないことの魅力は、複数台ある時計のすべての電池残量を管理をするより、使いたいその日に時間を合わせてゼンマイをまいた方が楽だと感じるからです。特に最近は、自分で電池交換できない時計も多いので、電池が切れるたびにお店に時計を持ち込むのは非常に煩雑になってしまいます。

世界的な老舗ブランドとして知られる「ダミアーニ」の魅力は、オリジナリティー溢れるデザインと、卓越した技術、トップクラスの品質です。